マシンシミュレーション

工具動作やテーブル動作だけでなく、機械構造物の動きやアタッチメントの動作もシミュレーションすることによって、ワーク、冶具、テーブル、付加軸などを動かし、相互の干渉を監視することができます。
アタッチメントを使用する門型大型MCでは構造物の干渉が問題になります。大型のワークの内側を加工するときに付加軸やアタッチメントがワークに衝突してしまったり、5軸ヘッドが干渉したりすることがありますが、マシンシミュレータがこれらを検出してくれます。
仮想機械シミュレーションとかバーチャルマシンシミュレーションと呼ばれることもあります。