カスタムマクロ

NCマクロ ( カスタムマクロ )

類似形状なのに少しづつ寸法が違う加工が多い、そのたびにNCプログラムを修正するので効率が悪いしミスも出てしまう。
こんなときに活躍するのが NCマクロ です。マクロ変数に寸法をセットするだけで寸法違い形状の加工ができるようになります。

G28X0Y0Z0  ( *********MACRO MAIN SAMPLE***    TROCHOID CURV  )
N0001 T10 M06 (DRILL)
N0002 G00X0.Y0.Z25.
N0003 G01Z0.
N0004 G00Z120.
N0011 T01 M06 (ROUGH)
N0012 G00X0.Y0.Z5.
N0013 G65A7.5B40.C1.D1.P6666
N0014 G00Z120.
N0021 T02 M06 (FINE)
N0022 G00X0.Y0.Z4.5
N0023 G65A7.5B40.C1.D2.P6666
N0031 T03 M06 (OUTER)
N0032 G00X0.Y0.Z17.0
N0033 G65A6.0B50.C1.D0 P6666
N0034 G00Z120.
N0040 M30

O6666  ( *********MACRO SUBPRO SAMPLE***    TROCHOID CURV  )
G41G01X[#1+#2]Y0D#7
#10=0.
WHILE[#10 LE 360.*3.]DO 3
(TROCHOID CURV)
G01X[#1*COS[#10]+#2*COS[#10/3.]]Y[#1*SIN[#10]+#2*SIN[#10/3.]]
#10=#10+#3(STEP)
END 3
G40
G00X0Y0
M99

trochoidcurvhalfwaku

macro_wire

NCマクロでは、IF、四則演算、三角関数、G65サブプロ呼出し、などの機能も使えるので、複雑な形状をした板カムなどもNCマクロで加工することができます。

また工具交換の前後にいつも同じように指令するシーケンスがあるとき、これらの入力ミスを避けるために工具交換マクロを準備することも多くあります。
例えばM66をMコードのマクロ呼び出しに設定しておいて、TxxM66のように使います。

これ以外にも定型的な加工面の割り出し用のマクロとか、位置確認プローブ動作用にもマクロが使われています。

 

NCVIEWマクロデバッガ

NCVIEWマクロデバッガは、このNCマクロプログラムをシミュレーション実行できるだけでなくNCマクロプログラムの改良修正作業に役立つデバッグ機能を提供しています。

NCマクロプログラムのミスを取り除く作業をデバッグといいますが、任意の位置で一時停止させてマクロ変数の中身を確認するのが基本です。

NCVIEWマクロデバッガを使ってのデバッグ作業は驚くほどスピーディで快適なものになります。また実機の稼働率の向上にもつながります。

 

mdbgマクロデバッガ画面